第9回体験型科学教育フォーラム&第3回リアルサイエンス研究大会を開催いたします!

理数の学力観が変わりつつある今、問題を発見、解決する「活用力」が問われています。文科省が提案するアクティフブラーニングとは、課題解決型の能動的学修のことで、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図ります。今年のフォーラム・研究大会のテーマは「アクティブラーニング」。
アクティブラーニングを体験をして、その手法や授業内容について考えてみましょう!
2015年2月15日のリアルサイエンスフォーラム&研究大会、是非ご参加ください!

募集要項

開催日時: 2015年2月15日(日) 9:30~17:30
会場:中央大学附属中学校・高等学校
   (東京都小金井市貫井北町3-22-1)
   武蔵小金井駅より徒歩18分、路線バスあり
   URL http://www.hs.chuo-u.ac.jp/chuf/

対象:教員、学生、科学教育に関心のある方
募集定員:100名
参加費:1,000円(資料代として)
 参加費は資料代として1000円頂戴いたしますが、
 中学生・高校生の生徒さん達は無料で参加していただけます。
 先生方だけでなく、是非科学にご興味のある生徒さんもご一緒にご参加ください。
 参加した生徒さん達は、実際に体験型授業を受けられます。

主催:NPO法人体験型科学教育研究所(リアルサイエンス)
協力:中央大学附属中学校・高等学校、株式会社東芝

申し込みはメールにて受け付けております。
宛先は info@taikenkagaku.org まで。
詳細はチラシをダウンロードしてご覧いただき、
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

参加申し込みと併せて、発表者と紀要原稿執筆していただける方の募集も行っております。
こちらの締め切りは1月20日(火)です。
※紀要のサンプルもありますので、ご希望の方はご連絡ください。