2015年11月29日:東芝未来科学館ワークショップ

今日は東芝未来科学館のワークショップでした。
講師は谷俊雄先生です。
ご家庭でも揃う化学物質を使い、「自分だけの試薬を作ってみよう」という実験でした。

色が変化するのがわかりやすく、子どもたちも楽しかったのではないでしょうか?
身近な材料でもできますし、他の食品でも変化するものを探すのも楽しそうなので、ぜひご家庭でも試していただきたいなと思います。

IMGP1959

IMGP1944

IMGP1949

IMGP1968

Share

2015年8月30日:東芝未来科学館ワークショップ

8月最後の日曜は、東芝未来科学館でワークショップを行いました。
今回は静岡科学館る・く・るの長澤館長が講師、
カッコよく白衣できめてきてくださいました。

今回の内容は【温泉水の比較】。
何故温泉に入るとつるつるするのか、
体がすっきりするのはどうしてか、
静岡県内各地の温泉水を比べながら温泉の成分を調べていきました。

アルカリ性と酸性を見分ける試薬では
とても綺麗な色が出てきましたね。
同じような温泉水でも、中に溶けているモノは
全く違うということがよくわかりました。

次回は11月29日(日)。
試薬作り?を予定しています。(変更になる可能性があります)
是非ご参加ください。

マイスター養成講座@東京の参加者も
まだ募集しております。
こちらも是非どうぞ。9月12日(土)13日(日)です。

http://taikenkagaku.org/bosyu/2015912meister.html

11951256_961312363892199_4921647073815586730_n

Share

2015年5月31日:東芝未来科学館ワークショップ

今年のテーマは「化学」
身近なものを使った化学の実験を行います。

今回は秘密の調合。
6種類のある粉を混ぜて、自分だけの最強の糊作りをしました。
同じような白い粉でも、混ぜるものや分量を変えると
あっという間に違う触感になってしまいます。

事務局スタッフでも事前実験をしましたが、
単純なようでいて、結構面白いです。

お土産としてバスボム作りも行いました。
作り方もお渡ししましたので、
おうちでも是非作ってみてください。
材料はいずれも食用の安全な粉を使いますが、
実験する際は、口や目に入らないように気を付けて行ってくださいね。

11053485_916861531670616_5149125638751063379_n

Share

2015年3月29日:東芝未来科学館ワークショップ

3月29日(日)に
東芝未来科学館でワークショップを行いました。

化石と恐竜シリーズの最終回
「ミステリーハンター」

恐竜のいた現場(足跡や葉っぱ等)から情報を集め、
細かく観察調査実験を行い、
その現場で何が起きていたのかを探ります。

このワークショップでは
よく観察して、よく考えることが大切です。

ここにいたのはどんな恐竜?
ここはいつの時代?どんな場所?
ここで何が起きていたのかな?
など・・

皆真剣に観察して、じっくりと調査をしていました。
最後に紙粘土で化石レプリカを作成して終了です。

アンモナイトの化石レプリカは、
本当はレプリカ型をつかう予定だったのですが
手違いで型が使えなかった為、自由に作ってもらいました。
皆上手に作っていました。

感想を見ていると、
火山の実験がとても印象的だったようですね。

作りものが多く、準備は結構大変でしたが
参加してくれた子達はしっかり考えながら周っていて
作ったかいがありました。

次回実施する時には、今回の反省点を活かして
よりよいものを作っていきたいと思います。

2015年度の東芝未来科学館でのワークショップは
化学をテーマにして行います。

最初の実施予定日は5月31日(日)です。
11133749_896527890370647_7816911639872463973_n

11080764_896527880370648_9069525148704308571_o

10835150_896527883703981_5221606358690350812_o

Share

2014年11月30日

昨日は東芝未来科学館でのワークショップ、
土曜日は愛知県東海市で秋山先生の講演会がありました。

講演会は400名以上の方にご参加いただき、
大盛況でした。

東芝未来科学館でのワークショップは、
化石と恐竜の3回目。
ちょっとシリーズの中では地味な回でしたが
骨を比べて恐竜の大きさを体感したり、
足跡に乗ったり、どうして大きさがわかるのか考えたり計算したり。
少し頭を使う場面もありましたが、
子ども達は楽しんで学んでいました。

最後のジオラマは時間が足りなかったので、
是非おうちで完成させてくださいね!

写真の骨格は本物・・の模型で、
皆で触って一番太い骨を探しながら
骨がどうなっているかを観察しました。
実際に触ってみると太さや大きさがよくわかっていいですね。
触れるものがあると、子どもたちはとても盛り上がります。

この骨格は静岡科学館るくるからお借りしました。
ありがとうございました。
10635739_829973407026096_9015596591065234788_n

Share

2014年8月31日:東芝科学館ワークショップ

「化石と恐竜」シリーズの第2回目。
前回来ていただいた西岡先生に、今回も講師をしていただきました。

今回は、「化石」について。
なんと本物の化石が含まれている石を実際に割って
発掘体験が出来てしまうというワークショップでした。

自然の石なので、全ての石に化石が含まれているというわけではありませんでしたが、
子ども達はたくさんの貝の化石を見つけていましたね。
保護者の方も夢中になって発掘していましたが、
参加された方はいい経験になったのではないでしょうか。
見つけた化石をよく観察してみると、また面白いですよ。

次回は11月です。
近くなりましたら、またご案内いたします。

発掘の石で講師用サンプルの大きい石を割ったら
大物の貝の化石(ビカリア)が出てきました。
(まだ事務所に届いていないので写真を撮れないのですが)
母岩付きの化石として、とても良い資料をゲットできました。

今回使用した石は、岡山県の国立吉備青少年自然の家の小林所長より
ご厚意で頂いたものです。
たくさんの良い石をありがとうございました。
小林所長は9月のマイスター養成講座に
講師としていらっしゃいます。

10635971_786393878050716_3162554198728033649_n

Share

2014年6月29日:東芝科学館ワークショップ

地学御専門の先生をお招きしての、
化石と恐竜シリーズ第1回目。

恐竜、化石、地層について学習し、
最後はレプリカ作りをしました。

恐竜に詳しい子ども達がたくさんいて、びっくりしました。
これを機に更に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

次回東芝科学館でのワークショップは8/31(日)です。
是非ご参加ください。

写真の化石は観察した本物、赤いのは作成したレプリカです。

10514474_758434214180016_4291263267782081735_n

Share

2013年9月21日:東芝科学館・ワークショップ

東芝科学館のファイナルイベントとしてガリレオ工房、アトム工房、リアルサイエンスが交替でワークショップを開催しました。ワークショップ後、お疲れ様ということで懇親会もありました。3枚目と4枚目の写真は挨拶をする館長と古川専務理事です。

555375_621001887923250_1558131920_n970515_621001904589915_1315503462_n1238963_621001924589913_229411395_n1230019_621001941256578_414173590_n

Share