2014年5月17日:ハチラボアーチ橋ワークショップ

ハチラボでのアーチ橋ワークショップ終了しました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

アーチ型の木の土台の上にレンガを並べます。
rs02

砂をつめて、しっかり押し込みます。
乾かないように霧吹きで水を吹きかけます。
rs03

土台を抜いたら完成。渡りましょう。
rs04

大人が渡っても大丈夫。
rs05

Share

2013年11月21日:ハチラボ・渋谷区理数科支援事業

リアルサイエンスでは、渋谷区子ども科学センター「ハチラボ」と協力し、渋谷区の小学校の理数科支援事業を行っています。主に理科クラブの支援なのですが、時々算数の授業をやらせて頂いています。
今回は渋谷区の二つの小学校からお声がかかりましたので、五年生と六年生に授業をしました。

シリンダーを使った、面白い現象「スピロテイティングの謎」を追いかけました。数㎝から10cm未満のプラスチック系のシリンダーを用意します。シリンダーの両端には○や×の記号を油性マジックで記します。
例えば○を記した片方の端に人差し指をかけ、勢いよく逆回転を懸けて回します。するとあるものは、三つの○が回転中の輪の中に浮かび上がります。また長さの違う別のシリンダーを同じように逆回転をかけて回すと、四つの○が見えてきます。不思議と反対側の×は見えません。
(注意:参考画像は上手く現象が撮影できなかったので、修正してあります。イメージ画像と捉えてください)

1479252_650905894932849_1166902361_n

以下は児童の感想の一部です。

「今日、この勉強をして自分の力をフルに使って考えられた気がします。
パラドックスの解明をするために、いろんな角度から考えるという経験
はなかなかできないと思います。シリンダー一つでこんなに面白いとは思いませんでした。」

「私はいつもとちがって、二時間体験して不思議なことが出て、考えてとても楽しかったです。パラドックスも出てきて、そして考えて、結果が出て真理の野を知りました。」

「真理の野(に遊ぶ)」という意味が分かりました。体験して、観て、気づくということが大事だと分かりました。筒一つでここまで分かることが分かりました。僕たちの直観(直感ではない)で、ここまでふかく考えられたのが子どもの力だなと思いました。これからはパラドックスをたくさん見つけていきたいです。」

1476367_650910164932422_1474050676_n

スピロテイティングのシリンダーが回っている様子です。〇しか見えません。なぜでしょう?

Share

2013年11月18日:ハチラボ

11月の渋谷区立・子ども科学センター「ハチラボ」では、「不思議なやじろべぇづくり」を行いました。30分ほどのワークショップで、親子で楽しんでもらいました。

皆さんもハチラボに参加してみてください。ボランティア、大歓迎です。

最近の若い保護者の皆さんの中にも、「やじろべぇって、なんですか?」という方が少なくなく、それがまた新鮮で「共に驚く機会」になっています。

用意したものは画像の通りです。

1472840_649212255102213_512744617_n

参加者の子どもや親たちには、「重り(さ、し)」「つりあう」「かたむく」「バランス」などという言葉を作品と共に持ち帰ってもらいました。

「バランスをとる大事なポイント」を人間が持っていること。人間はそれを自在にあやつり、人形に与えてあげられること。

これを知った、男の子(六歳児)は、「重さの心って、すごいよね。」と母親に語りかけていました。

 

「面白やじろべぇ、重さの心なのだ」・・・ハチラボひらめき工房より(奥山)

996639_649212868435485_654195826_n

Share

2013年9月14日:ハチラボ / イプシロン打ち上げ PV

イプシロンの打ち上げをハチラボでパブリックビューイングしました。打ち上がった時にはみんなから歓声が上がりました!

 

1235173_617371188286320_1781821911_n

Share

2013年9月7日:ハチラボ

渋谷区こども科学センターハチラボのひらめきワークショップ、今月のテーマは『名画探偵』です。
モネやセザンヌの絵画を通して色や光について学びます。
芸術の秋、ぜひハチラボにお越しください。

1175292_614691441887628_1801855465_n 1240095_614691468554292_112450440_n

Share

2013年8月31日:ハチラボ

今週末は夏休み最後の週末と思いきや、渋谷区は昨日から学校が始まっていて、しかも今日も授業があったらしい。
そういうわけでハチラボの午前中は来館者が少なかったのですが、午後は満員御礼の状態でした。隣の大きい部屋が空いていたのでそちらに移動してワークショップを行いました。

1240298_612002975489808_1211243177_n

Share

2013年8月24日:ハチラボ

昨日のハチラボはいつものひらめきワークショップに加えて電気と磁石をテーマにした特別講座を開催しました。

講師は東芝の方。ひらめきワークショップにボランティアで活動されている東芝の方からの紹介で開催していただきました。

世の中には色んな特技を持っている方、技術者、専門家、研究者の方がたくさんいます。

この様な特別講座はそうした人たちと施設の橋渡しをすることで施設の活性化、子どもたちの学びに繋がると思います。

 

今回のハチラボ特別講座は電気と磁石の不思議な関係をテーマに行いました。

磁力や電気という見えないものを見えるようにしたり、二つの力が身近なところに使われていることを感じることができたと思います。

磁力線を見た時の『うわぁ、面白い!』と声を上げた親子、スピーカー作りで『あっ!聞こえる!』と言った女の子が印象的でした。

また、舞台裏では午前の回が終わって、アシスタントに入っていただいたマイスターの方が『答えを言うのではなく、もう少し子どもに問いかけましょう』とさりげなくアドバイスしていたり、ボランティア仲間の方が手伝いに来てくれたり、チームワークの良さも感じました。

皆さま、ありがとうございました。

1146540_609283392428433_739912177_n

Share

2013年8月17日:ハチラボ@京王井の頭線

京王井の頭線の車内広告にハチラボの紹介が出ています。ドアの上注目です。

1001936_605675999455839_1305907374_n

Share

2013年8月10日:ハチラボ

今月のハチラボ、ひらめきワークショップのテーマは坂道を登る不思議な人形づくりです。
重りの位置と進む距離の関係を遊びながら体感してもらっています。

1146603_603177626372343_1288119221_n

Share

2013年7月28日:ハチラボ

本日のハチラボ。
ボランティアの方がエッシャーの絵を用意してくれました

945942_598171713539601_1326012892_n

Share

2013年7月24日:ハチラボひらめきワークショップ

今日は平日ですが夏休みなのでハチラボでひらめきワークショップを開催しています。
朝の1回目は私立の小学校の子どもたちでした。お受験で鍛えられているのか、ハサミで紙を切ったり、定規で線を引いたりするのが早くて正確でした。
写真は一本橋をバランスをとって進む「ムラタセイサク君」です。

 

920391_596428233713949_756824080_o

 

Share

2013年7月18日:ハチラボ

NHK首都圏ネットワークで自由研究の特集を放映されました。
ハチラボが登場です!

Share