2015年3月29日:東芝未来科学館ワークショップ

3月29日(日)に
東芝未来科学館でワークショップを行いました。

化石と恐竜シリーズの最終回
「ミステリーハンター」

恐竜のいた現場(足跡や葉っぱ等)から情報を集め、
細かく観察調査実験を行い、
その現場で何が起きていたのかを探ります。

このワークショップでは
よく観察して、よく考えることが大切です。

ここにいたのはどんな恐竜?
ここはいつの時代?どんな場所?
ここで何が起きていたのかな?
など・・

皆真剣に観察して、じっくりと調査をしていました。
最後に紙粘土で化石レプリカを作成して終了です。

アンモナイトの化石レプリカは、
本当はレプリカ型をつかう予定だったのですが
手違いで型が使えなかった為、自由に作ってもらいました。
皆上手に作っていました。

感想を見ていると、
火山の実験がとても印象的だったようですね。

作りものが多く、準備は結構大変でしたが
参加してくれた子達はしっかり考えながら周っていて
作ったかいがありました。

次回実施する時には、今回の反省点を活かして
よりよいものを作っていきたいと思います。

2015年度の東芝未来科学館でのワークショップは
化学をテーマにして行います。

最初の実施予定日は5月31日(日)です。
11133749_896527890370647_7816911639872463973_n

11080764_896527880370648_9069525148704308571_o

10835150_896527883703981_5221606358690350812_o

Share

2015年3月4日:タイ国立科学技術振興研究所(IPST)カンファレンス

現在、リアルサイエンス専務理事の古川が
タイの国立科学技術振興研究所(IPST)に招聘されて
3日間のカンファレンスに参加をしております。

2014年秋にIPSTから依頼されて、
日本でタイの指導者育成事業を行いましたが、
今回はタイに行っての活動です。

場所はナコーンラーチャシーマのスラナリー工科大学。
パネルディスカッション(STEM教育について)と
ワークショップ(火山)を行います。

なんとタイの教員1700名が参加、
IPSTの職員も100名は参加しているという
歴史ある大きい大会のようです。

いつものリアルサイエンスとは少し違った活動です。
来週以降にどのような様子だったのか、
詳細をお届けしたいと思います。

10426214_882351475121622_2616290677404409160_n

10922599_882351485121621_5227326387894651825_n

11018831_882351495121620_4572667382528033478_n

11035503_882351508454952_7015824805794328060_n

10982942_882351525121617_1810367087153084581_n

11034223_882351541788282_3110084742705731572_n

10422972_882351558454947_5764396359139438794_n

Share